読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拗らせヲタのとはずがたり。

夢を売る王子様に堕ちたヲタクが、突然発生的に徒然なるままに語ります。

浪人してみたらジャニーズWESTに堕ちた話。

こんにちは。
順番おかしいというか、前回の記事で次回の更新予告したわりに放置した挙句、突如わたしがWESTちゃんに堕ちた経緯を話すことにしたんだけど、どうか聞いてくれ…。

 


まずは自己紹介をさらっとしておくと、8、9年前の世間が嵐を見つけて、どどどっとメディア露出が増えた時期に、わたしも漏れることなく嵐ちゃんに堕ち、二宮くんに堕ち、
それから今日まで、日々自担を愛で倒して、お年玉を握り締めてCDショップに行っては毎年毎年リリースされるCD、DVDを集め、年末になれば空き容量ミジンコになったブルレコと闘いながらなんとか自担出演番組を録画して後世に遺す役目を果たしてきた。
周りの誰しもが嵐の名前ぐらいは認知していて、周りの人気はやっぱり衰えてきたなぁと思っても、それでもチケットは取れへんし露出は多いしリリースも定期的にされるしで、それなりに忙しい中で、立派なヲタクに成長したつもり。


長年自担一筋♡だったし、もう他の誰にも堕ちんやろなぁ、って思ってたのに!!!!!!

 

 

堕ちたのよね。
沼に、ハマったよね、どっぷり。

 


それも今年、わたし浪人生活してて。
自担へのヲタクすらちょっとセーブしたのに。
まさか、他の沼に堕ちるなんて思わんやん。

 


そこで、受験も落ち着いた今、わたしとWESTちゃんについて振り返っていこうと思ったの。

 

 


まず、2016年6月。

 

・ワクワク学校にジャニーズWEST現る

 

 

この段階では、まだ沼のぬの字も見えてなかった…はず、たぶん。
自担かわいい~、尊い~、これで33とか時空歪みすぎだねぇって涙してたことしか覚えてない。
WESTちゃんの記憶なんか微塵もないの。ほんとごめん。

いますぐあの時の自分ぶん殴ってやりたい。


でも、この共演のおかげで、「ジャニーズWESTって7人だっけ?ごくせんの人とー、ごめんね青春の子とー、あと大野さんのドラマの子だよね?」って認識だったところから、メンバーの顔と名前が一致するくらいにはなった。


あとめっちゃええ子やなーって思ってた。
自分らだってアイドルやのに、徹底して必要なところでしか出てこんし、嵐見る邪魔にならへん!
えらいなー、ファンの人も文句も言わずに(聞こえなかっただけ?)えらいなー、って思ってたぐらい。

 

 


ところがどっこい、去年の夏に事件は起きた。

 

 

 

7月。

 


・自担の熱愛報道

 

七夕の前の日に出たんだよね。女子アナと!!!
でも、熱愛自体はどうでもいい、というか、別に熱愛がわたしが自担を好きでなくなることの理由にはならなかった。
彼女サイドから色々出てるみたいだけど大丈夫?って心配はしてた。


ただ、あの時期のTwitterはめっちゃ嫌いだったの。
真実も事実も虚偽も綯交ぜになった話で勝手に怒って、私のかわいい自担がめちゃくちゃ言われてんだけど!?
かわいくてかわいくて仕方ない自担が(多分)好きだと思ってた彼女、ぼろかす言われてんだけど!?

不愉快だわ!

って、どっちかっていうと、そのときのヲタクとか、Twitterの場所がそこまで楽しめなくて。
ひたすら自担かわいい~って壁打ちしてたけど、もうええやんその件はほっとこうや~って思ってた。

 

 

そんなときに、ひとつのツイートが流れてきてだな。
まぁ、見たわけ。
世界昔話の名場面まとめ、みたいなツイート。

 

「最っ高だな!?!?!?ちょっと待ってジャニストっておもろいんやな!?!?ワクワクめっちゃ大人しかったやーん。こんなおもろいとか聞いてない、わらった~~」

 

でしかなかったわ。

 


この段階で、ジャニーズWESTはちょっと気になるグループ、って感じ。

 

 


その後、軽率にYouTubeで漁ってしまったのが、沼の入口だったのだと思う。

 

 

ジャニーズWESTのラジオに堕ちる

 

気になるな~ってときに、YouTubeで世界昔話とかジャニーズWESTをあばけとか見て、最終的に毎日勉強しながらラジオを文字起こししたやつを聞いてたの。

 

ラジオ最高じゃん?
ラジオって、テレビよりゆるいっていうか、わりと自由に話すじゃん?(って思ってる)
もうさ、ボケの飽和状態。


ガヤとボケ多すぎ。
しかもわけわからん。
楽しい。めっちゃ楽しい。

 

「いや待ってジャニーズWEST最高じゃん…。普通に好きなやつ…、危ない…」

 

本能的に何かを悟った。
堕ちる、やべぃ、堕ちる。って震えた気がする。

 

長年嵐ヲタしてきたけど、涙出るまで爆笑したことなかったの。
ゆるゆるで内輪で楽しんでるような5人に顔緩みまくるヲタクだったから。
ジャニーズWESTなんて全然真逆。

嵐の中での自担は、わりとお笑い担当というか、ツッコミもボケもする器用な子だったけど、ちょっとスべるの怖がるとこあったというか。
スベリそうになると他の人にパスして、おいおい!って言われて笑い取る子だったけど、そんなところもあざとい~かわいい~って思ってたの。

 

それに比べ、WESTちゃんの笑いへの貪欲さよ。
スべろうが何しようががむしゃらよね。
だから多少暴走しすぎて意味わからんノリになるときもあるけど、一周回ってわろけてくる感じめっちゃ新鮮で、純粋に楽しいって気持ち100%で楽しめるグループだなって思った。

 


気付いたら出演番組調べて、なにわぶ誌読んで、友達にWESTちゃんの円盤貸して!って頼んでた。

 

 

7月30日

 

・小瀧くんがハタチの誕生日を迎える

 

ラジオでのノリで、あぁWESTちゃんなら小瀧くん推しだな~って思ってたところ、運良く気になってる子が誕生日を迎えた。
しかもハタチの。

誕生日前日、10代最後のこたきくんが生放送で歌って踊ってるの見て、全力でふざけてるところ見て、あぁこの子の10代をもっと見ていたかったなぁって思った。
もっと早く見つけて、12歳のサッカー少年がアイドルへと進化していく過程を見ていたかったなぁって、後悔した。

 

ハタチを迎えた週のなにわぶ誌をとりあえず読んだ。

 


堕ちたよね、ずぼっと。
すってーーーーん、って転げ堕ちた。
なんなら助走付きで飛び込んだかもしらん。

 


わたし一度もWESTちゃんの現場に入ったことはないけど、コンサートに来るファンのことを「可愛くて仕方ない」って言ってくれる小瀧ちゃんのファンは幸せだろうなって思った。
わたしもちゃんと、その幸せを享受したいなって思った。

メンバーに丁寧に言葉を綴ってる文章に、8年間ジャニーズって場所でいろんなもの見聞きして、大切な多感な時期をジャニーズに捧げて、それでもこんなに擦れてないハタチが世間に見つかるのなんてすぐだろって思った。

 

もうこの段階で相当贔屓目になってるから、たった1夜で完璧なヲタクの出来上がりだった。
嵐で修行積んだ甲斐もあったよね。
ここから二宮くんと小瀧くんの二足の草鞋生活(二宮くん1.5足ぐらい占めていた)が始まる。

 

 

・なにわ侍を見る


デビュー時からジャスミンやってた友達に、貸してもらった「なにわ侍 ハローTokyo」

 

デビューのときにあったこととか、それまでの下積みとか、ちょっとだけ見聞きしてただけやったからそこまで気にせずに見たの。
WESTちゃんの誕生の瞬間ってことしか知らずに。


まずギャップしんどすぎ問題。
笑わせるか泣かせるかどっちかにしてくれ…しんど…ってなった。

馬やら豚やら、ゴムパッチンやらキスやら、だいぶふざけてるくせによ?
かみしげシルエットなんか、もうあの空気感だけで泣きそうやったやん。あそこのかみちゃんのセリフもだいぶあかん。
「やれることはなんでもやってきたよ。俺は努力しても報われへん人間なんや」って言った神山くんに息飲んだもん。

 

あと、ツインの運命に気付いてだいぶ震えた。

「望みを叶えるには流れ星が必要なんや」?!?!?!?!?!
は?!なにこの神々の遊び感。
もう名付けられていたときから決まっていた運命感。
名前の引力で引き合った2人が親友になって、なおかつ同じグループになって、シンメで、あのビジュアルよ…。
もう、暇を持て余した神々の遊び以外のなんでもない。

 

 

まぁそんななにわ侍を見終わって、この子達は絶対おっきくなる。絶対てっぺん取ってくれる。それならわたしも見てみたい。7人の侍が、行き着く先を見てみたい。って強く思った。
そう思わせてくる強さというか、輝きとか、力とか、まだまだキラキラするやろ、っていう発展途上のワクワク感とか、凄まじかった。


すっきぃ(byはまだvoice)が脳みそに溢れてた。
で、パリピポリリイべみたいなやつ見て、団体芸やって楽しそうにきゃっきゃしてる7人見て、もうこの子らのヲタクになるの不可避って確信。

 


でもね、この時もまだ私の一番は二宮くんで嵐だった。
だけど浪人生らしく、それなりに感情の起伏とかフラストレーションもあったりして、そのときに見てたのは嵐ちゃんではなくWESTちゃんがアホやってるときやった。
なんも考えず笑いたい~ってときに最適な処方箋だったんだと思う。

 

 

で、忘れてはいけないあれ。

 


ジャニーズWEST初ドーム

 


あの初ドーム。
絶対、WESTちゃんにとって大切な句読点となったであろう24コン。
レポだけであんなに泣いて、あんなに強くついていこうって思ったことなかったと思う。

さすがにセンター直前やし、まだ本格的にヲタクもしてなかったから、入らなかったの。
FCも入ってなかったけど、たまたま入らない?って誘ってもらえたのに、自分で入らんことにしたの。
終わって、レポみて、本気で後悔した。


Twitterで上がってくるレポも、時期もあって少なかったWSも、リポ載せている雑誌もほとんど目を通した。
もう号泣。何回見ても号泣。

嵐のライブしか知らなかったから、ファンとこんなに目を合わせてくれるライブがあるなんて思わなかったし、それによってどれだけ幸せになるのかも知らんかった。
嵐に不満があったわけでもかなしい思いしてたわけでもなくて、でも嵐はコンサートに入れんくても映像で楽しめばいいやって思ってたところはあって、その原因がやっとわかった感じ。
一方通行に見てるだけなら、生か映像かなだけの話やったけど、WESTちゃんは向かい合わせで可愛がられる。


こんなにかわいいかわいいありがとうほんまありがとう、って言ってくれるの?
幸せすぎるやん。最高すぎるやん。

 

 

ここにいる人も、今日来れんかった人も、誰ひとり置いて行かんからこれからもついてきてほしい(ニュアンス)

 


淳太くんが挨拶で紡いだ言葉に、涙出た。
なんでこんなに優しくて安心できる言葉くれるの…ついていくしかないやんか…。
「遅れてるなって子がおったら手を取って連れて行く」みたいなことも言ってたやん。
もう、すでに他Gで置いてかれたやつに言ったら即堕ちるで、ほんま…罪やろ…好き…ってなるしかなかった。

 


やっぱり嵐の次、ってポジションにいたからか、そんなにまっすぐに大切にされるジャスミンが羨ましくて、わたしもそうなりたいな、って思ってから、今まで以上にどっぷり浸かった。
夏に調べて存在だけ知っていた一万字インタを全員分目を通して、そんな子達が歌うAll My Loveとか、KIZUNAとかの説得力のすごさを知って。
デビュー時のいろんなことを感じさせないぐらい、7人横並びでてっぺん取ったる!って進んでいってる姿を見れていることに誇らしさすら覚えた。


センター終わってからのこの2ヶ月弱、恐ろしいほどに嵐を見なくなったし、逆に信じられないぐらいWESTちゃん見てる。
二次試験終わってからなんか、一日12時間ぐらいWESTちゃん見てる。


もうこれは、あれだな、WESTに嫁いだな、って感じ。
嵐ですくすく育ったヲタク、WESTに嫁ぎました。

 


あとなんなんだろうな、WESTのうちの誰かを好きになると、箱推ししたくなる感じ。
小瀧ちゃんを自担にしてはいるものの、リアコはあっくんだし、ともぴろちゃん気になって気になって仕方ないし、しげちゃんのエモさに毎回ずっきゅんしててあの沼深そう…こわい…堕ちそう…ってなってるし、りゅせさん基本ギャップすげくて目が足りないし、はまちゃは自担の思い人かつ爆モテ物件すぎてふと見せるリア恋感が惚れるでしかないし、淳太くんは基本いじられるお兄ちゃんなのかわいいしか言えない。


つまり一気に7人と戦ってるんだから目も耳も口も手も足りない状態。

これは掛け持ちできる熱量ではないな~、手一杯なところあるな~って思ってはいるけど、普通に嵐は好きだし、かわいいな愛おしいなと思うから、ゆるっとできる範囲で応援していくのかな。
自分でもまだ決めきれてない。


とりあえず、なうぇすとツアーも無事、広島に入れることが決まったので、現場までにWESTちゃんヲタクのボルテージ上げて行きます。
また今度の機会に、WESTちゃんの個人的に好きなところでもかければいいな~~~。
本当は、このときにこんなところ好きだなって思ったーみたいな感じでこのエントリーで書くつもりだったけどまとまらないし、長いしで割愛。

 

とにかくわたし今WESTちゃん熱すぎて触ったら火傷すんで!って話(?)
あと、WESTに堕ちた途端クソDD予備軍です。
いまのところ、大西流星くんと風雅くん、キングの紫輝くんと廉くんはだいぶ気になって見てます。
桃色ジャスミンです。


長くなりましたが、ジャスミン及びジャニヲタのみなさま、これからどうぞよろしくおねがいします(締め方わからん)